おおいた建設人材共育ネットワーク

建築業種

建築業とは

マンションや店舗、戸建て住宅など、あらゆる建築物を造る仕事で、衣・食・住の「住」を担う重要な業種です。

仕事内容はどんなこと?

建築物に関する職種分野は主に設計・施工・維持管理がありますが、施工分野における現場監督は、設計図から発注者や設計者の意図を理解し、施工手順の管理や他の工事業者との調整といったコーディネイトを行います。
また、鉄筋の位置や向きなど細部にも目を配るプロフェッショナルな役割も期待されます。

こんな思いで仕事をしています。

人々が生活、休息したり、集う場所を造るわけですから、狂いがあっては安全や利用上で支障が出ます。
どんな大空間、高層の建物でも、それぞれの技術者がミリ単位の仕事を積上げて造っていきます。
責任は重大ですが、その責任感がやりがいになり、建物という成果につながります。