若手技術者に聞く

建設業を担う若者たちに(株)大分建設新聞社がインタビューしました。
建設業で働く入社5年以内の若手技術者に、業界の問題点や仕事のやりがいなど、建設業を目指す後輩に向けたメッセージを語っていただきました。
(H29/07/25 掲載)
 

①建設業を志した動機を教えてください。
②あなたが考える建設業が抱える問題点は何ですか。
③建設業の働く前と働いてからのイメージを教えてください。
④建設業を志す後輩たちにメッセージをお願いします。

(株)日建コンサルタント 
設計部

荒木 五月(あらき さつき)さん 24 歳 (入社4年目)

①まちづくりに興味があり、自分もその一員に加わりたいと思ったからです。
 
②ベテランの技術者がバリバリ働いているが、新人が少ないため、その知識と経験を受け継ぐことができず、消えてしまうことです。
 
③男性社会として続いてきた業界なので不安もありましたが、女性の先輩がいて、環境も女性が働けるよう整備されていたので、安心して働けると思いました。
 
④専門知識を持った方がよいが、専攻していない学校からこの業界に入り、活躍している先輩もたくさんいるので、ぜひ飛び込んできてほしいです。