WORKS

BUILD OITA セミナー「安全・安心な県土づくりを支える土木技術最前線」

平成30年2月8日(木)、BUILDOITAセミナー「安全・安心な県土づくりを支える土木技術最前」を開催しました。  LinkIconリーフレットはこちら
 
建設会社、行政職員に加え、大分工業高校土木科のみなさんにも参加していただきました。  
 

 

挨拶
 
まずは、主催者を代表して、おおいた建設人材共育ネットワーク 会長 園田 一則より、ご挨拶をさせていただきました。
 
 

第1部 :「安全・安心を守る建設産業の役割」
「安全・安心を守る建設業の役割」というテーマをもとに、行政、建設会社、教育機関、4名の方にそれぞれの視点からお話ししていただきました。
 

 
発表者:三村 一 氏(大分県土木建築部 建設政策課 企画調整監)
「平成29年度に発生した大規模災害の対応状況について」  資料はこちら
 
 
 
 
発表者:河津 龍治 氏(河津建設株式会社 代表取締役社長)
 「九州北部豪雨による災害において 建設業協会の対応」  資料はこちら
 
発表者:荒木 五月 氏(株式会社日建コンサルタント 設計部設計科 技師)
「災害復旧の設計業務を経験して」  資料はこちら
 
 
発表者:小林 祐司 氏(大分大学減災・復興デザイン教育研究センター 次長)
「大分大学減殺・復興デザイン教育研究センターの設置と今後の取り組みについて」  資料はこちら
 
 
第2部 インフラ維持管理に向けた革新的最新技術の社会実装の研究開発に関する技術説明会
 
 
発表者:一宮 一夫 氏(大分工業高等専門学校 都市・環境工学科 教授)
「SIPと「インフラ維持管理に向けた革新的先端技術の社会実装の研究開発」の取り組みの紹介」  資料はこちら
 
発表者:早川 洋平 氏(富士フィルム株式会社 産業機材事業部)
「コンクリート構造物の微細なひび割れを写真から自動検出する画像技術」  資料はこちら