おおいた建設人材共育ネットワーク

WORKS

ICT/Iotの活用に共同研究会

平成29年2月1日(水)、大分県庁にて「ICT/IoTの活用に向けた共同研究会」を開催しました。
当日は、施工業者・測量設計業者・行政職員など250名の方が出席し、生産性向上に対してのICT技術の活用法や、大分を拠点に橋梁点検システムの開発に取組んでいる事例等について、熱心に聴講していました。
また、おおいた建設人材共育ネットワークの活動についてもこの場で紹介させていただきました。
当日のプログラムおよび資料は下記の通りです。

【 第1部  i-Construction説明会 】

1.「i-Constructionの概要」

講師:九州地方整備局 企画部 施工企画課 施工係長  田原 秀樹

2.「ICTの全面的な活用(ICT土工)について」

講師:九州地方整備局 企画部 技術管理課 課長補佐  伊藤 康弘
第1部の資料は九州地方整備局ホームページのi-Conに関するページに掲載されております。
詳しくは http://www.qsr.mlit.go.jp/ict/よりご確認ください。

【 第2部  おおいた建設人材共育ネットワーク 】

1.「共育ネットワークにおけるICT・IoT研究について」

講師:(公財)大分県建設技術センター 技術部 研修情報課 課長  鷲見 孝明

2.「ドローンによる橋梁点検システム開発」

講師:夢想科学(株) 代表取締役  泉 保則

3.「国土交通行政のこれから」

講師:大分県東京事務所 行政課 参事  岡本 文雄